2016年06月03日

アメリカ連邦最高裁判決(Obergefell v. Hodges, 135 S.Ct. 2584 (2015))

判決文の極めて短い要約例を書いておきます。

アメリカ連邦最高裁判決(Obergefell v. Hodges, 135 S.Ct. 2584 (2015))は,憲法第14修正のデュープロセス及び平等な保護の条項により保障される婚姻の権利を同性のカップルも奪われることはなく,婚姻を異性間に限る州法は無効であり,州は他州で適法になされた婚姻を同性間のものであることを理由として承認することを拒否してはならないとした。

論説 Lyle Denniston Opinion analysis: Marriage now open to same-sex couples
http://www.scotusblog.com/2015/06/opinion-analysis-marriage-now-open-to-same-sex-couples/
判決
http://www.supremecourt.gov/opinions/14pdf/14-556_3204.pdf
posted by hirotaka at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年05月04日

LGBTIと学校教育に関連する資料

「LGBTIと学校教育に関連する資料」をバージョンアップしました。

各都道府県と市区町村については東京と渋谷区しか見ていません。
もし各都道府県でこれはという条例などをご存知の方はお知らせいただけるとありがたいです。

PDF版 LGBTIと学校教育に関連する資料 v1.1
EPUB版 LGBTIと学校教育に関連する資料 v1.1
posted by hirotaka at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年12月09日

LGBTの子どもたちのために学校で

知ろう考えよう 学校現場におけるセクシュアル・マイノリティ - 受け止めて,ありのままの子どもたち
12月10日(水)18時〜20時 弁護士会館5階502会議室

LGBTの子どもたちのために学校で何ができるかを考える会を東京弁護士会(企画「両性」の平等委員会)が開きます。講師は遠藤まめた さんです。学校の先生とくに養護やそのほかいろいろな種類の先生にもおいでいただけたらと願っています。
http://www.toben.or.jp/know/iinkai/ryousei/news/post_15.html
posted by hirotaka at 10:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記